投稿日:

浜松で派遣看護師として働く妹の助言。

クリニックの有用性

皆さんは急な病気になったときにどうしますか?
当然病院へ行くと思います。さて、その病院選びはどうしますか?
近くの総合病院へ行きますか?
確かに診療科も多くて便利そうな印象がありますね。
ですが総合病院は待ち時間が非常に長いで。診察までの待ち時間もそうですが、診察が終わってからの会計を済ませてから「お大事にどうぞ」までたどり着くまでに4時間近くを要するのザラではありません。

ところが開業医が営むクリニックでは受け付けから待ち時間から診察終了、そして会計終了までの時間をあわせて早ければ1時間以内に終わる事も多々あります。
もちろん、クリニックの状況によっては2時間以上の時間が必要な事もあるでしょうが、総合病院よりもはるかに短い体感時間で診察が終了しました。
これにはもちろん理由があって、総合病院はいわゆる地域中核医療施設に認定されている場合が多く、ここには個人経営のクリニックなどで手に負えないと判断した患者さんなどが運び込まることもあるわけですね。
当然、総合病院ではその受け入れを断る事はできません。ともかく一度受け入れてさらなる特別な処置が必要であれば大学病院などへ送ることもありますが、基本的には他のクリニックなどから送られてきた患者さんは総合病院で診ます。

さらに、総合病院ではたくさん医療科をもっている為、色々な患者さんを見れる半面、非常に複雑な会計処理がされたりする場合もあります。
一方ではクリニックなどの小規模病院は診療科も専門の一つだけだったりしますし、会計処理も総合病院に比べれば楽です。
自分の病状や現れている症状などをから適切なクリニックを選ぶのはインターネットなどで調べるのが容易になったのでより簡単になっています。
まずは盲目的に大きな病院へ行くのをやめて、自身の病状にあわせたクリニックなどを選んだ方が賢明だと言えます。
もちろん、クリニックで手に負えないような場合には大規模な総合病院への紹介状を貰う事もできますので安心できます。

もう一度言いますが、いきなり大きな総合病院へ行くよりもクリニックのような小さな病院へ行く事も賢こい選択だと言えます。
これは、派遣看護師として働く妹に聞いたことなので確かなことだと確信しています。
<<浜松市で派遣看護師として働いてます!※派遣求人探し体験談>>